採用情報

アップフロンティア株式会社では、インターネットの新しい技術やサービスに対して最大限の好奇心を発揮し、自分の頭で考え、周囲を巻き込むことのできるベンチャーマインドにあふれた人材を幅広く募集しています。

面白い案件に多く出会え、色々なことを経験させてもらえる

ディレクタ N.U(2017年 キャリア入社)

ディレクタ
N.U(2017年 キャリア入社)

Q 学生時代の専攻を教えてください

ものづくりが好きなため、音楽・映像などのデジタルメディアを専攻していました。
iMovieやAfter Effectsを使って、動画編集や3Dエフェクト作成、また、その動画に合わせて自作BGMや効果音をつけるなどが実習の主な内容でした。実際に制作し、お題通りに時間内にコンテンツを作れるかが、ディレクションに通じる一歩だった気がします。

Q アップフロンティアへの入社動機やきっかけを教えてください

あるサイトのVRコンテンツ紹介記事で「イチャまくら」、「なごみの耳かきVR」など、面白そうなコンテンツが紹介されていて、なんとなくホームページを見たのがきっかけです。VRやARなど、注目されている技術でのアプリ開発を経験したかったというのもありますが、それらのコンテンツのエンターテイメント性から、面白そうな会社だなと思ったことが決め手です。

Q 担当している仕事の内容について教えてください

ブランドサイトやランディングページのWEB制作、360°動画を使ったVRアプリ開発など、ディレクションを担当しています。クライアントの要望にそって制作・開発を進めますが、ハードルの高い要望の場合もあり、そんな時はプロジェクトメンバーと相談し、何とか実現できるようベストを尽くしています。

Q この仕事でのやりがいや魅力はどんなところにありますか?

様々な業種、業界からお仕事のご相談を頂いていますので、面白い案件に多く出会え、そこから色々なことを経験させてもらえることが魅力的なところだと思います。例えば、担当を希望したVRアプリ開発では、映像コンテンツ部分も担ったため、スタビライザーを使っての360°動画の撮影や編集が初体験で、とても新鮮でした。VRアプリ分野はこれまで経験がなく、なかなか大変でしたが、楽しみながら仕事に取り組めたと思います。

Q 得意分野・スキルなど、自分の強みはどこでしょう?

ゲーム業界でのキャリアが長く、アプリゲーム企画と、キャラクター・背景イラスト、BGMやSEなどのコンテンツ制作ディレクションをしてきました。ゲーム業界では、突発的な企画・仕様変更が多いため、スケジューリングがとても困難なのですが、売上達成のためのコンテンツを納品期日に間に合わせる工夫やスキルを身に付けられた事が強みになっています。

Q 趣味・休日の過ごし方を教えてください

これまで自宅でのゲーム、映画鑑賞、音楽演奏(ピアノ)とインドア派でしたが、最近は、ゲームセンター、映画館での映画鑑賞、バンド活動(スタジオ演奏のみ)と、なるべく外に出るように心がけています。
その他には、月に2回ほどボルタリングをしています。休憩時間の方が多いですが(笑)。

Q 直近で目標としていることを教えてください

VRやAR業界が日々変わっていることもあり、VRやARをサービスに組み込むアプローチをしたり、最新技術・デバイスの情報などをピックアップできるように、ネット情報を見るだけではなくイベントなどで実際に体験するなど、多方面にアンテナをはっていきたいです。

Q アップフロンティアはどんな会社ですか?

開発スケジュールや納期によっては忙しい時期が続く場合もありますが、自分が今まで在籍した中でも、クオリティは担保しつつ、いかに効率的に仕事を進めていくかという意識が常に高い会社ですね。

Q これから入社される方々へのメッセージ

ディレクタとして経験できる環境が多く用意されていますので、自身のキャリアプランも考え、一緒にスキルアップしていきましょう。

社員インタビュー

フォトギャラリーはこちらから